schema.org日本語訳支援サイトへようこそ

schema.org

このサイトでは、人工知能検索エンジンを研究している株式会社エフティープラスが、Google、Microsoft、Yahoo、などがセマンティックWEBを実現するために共同運営をしているschema.orgを独自に翻訳、公開しています。
Googleは、各ページに構造化データの導入を推奨しています。

またモバイルファーストインデックスを導入するにあたり、モバイルページにも構造化データを導入するよう案内もしています。

しかしschema.orgの本体サイトは英語のため、私たち日本人にとっては各ページに何をマークアップしたらいいかを選択するのにハードル高いのが現状です。
このサイトで公開しているものは、schema.orgで公開しているページを日本語訳していますからあなたのページにマークアップするものは何かを選ぶ手助けになるはずです。

尚、あなたのページにマークアップする際は、必ずschema.org本体サイトの該当ページを確認し正しい英語スペルにて記述するようにしましょう。

※このサイトで公開をしている内容については、2017年1月時点での内容となります。

同一の@typeで複数記述をする方法についてはこちらをご覧ください→

 

日本語から探す