ActivateAction

PropertyExpected TypeDescription
Properties from Action
actionStatusアクションステータスタイプアクションの現在の処理を示します。
agent組織または個人行動の直接的な実行者または運転者(生き生きとしたまたは無生物)。例えばジョンは本を書いた。
endTime日付時刻何かのendTime。予約されたイベントまたはサービス(例えば、FoodEstablishmentReservation)については、終了する予定の時間。一定の期間にわたるアクション、アクションが実行されたとき。例えばジョンは1月から12月まで本を書いた。
日付は時間とともに記述されていても、EventはstartTime / endTimeではなくstartDate / endDateを使用することに注意してください。この状況は、将来の改訂で明らかになるかもしれない。
error失敗したアクションの場合は、失敗の原因に関する詳細情報。
instrumentエージェントがアクションを実行するのを助けたオブジェクト。例えばジョンはペンで本を書いた。
location
場所または郵便住所またはテキスト
イベントが発生している場所、組織が所在している場所、またはアクションが行われている場所などの場所。
objectアクション上のオブジェクトが実行され、その状態は元の状態に保たれます。意味的役割の患者、罹患者または嫌悪者(状態を変える)またはテーマ(ない)とも呼ばれる。例えばジョンは本を読んだ。
participant組織または個人間接的に行動に参加した他の共同エージェント。例えばジョンはスティーブと一緒に本を書いた。
resultアクションで生成された結果。例えばジョンは本を書いた。
startTime日付時刻何かのstartTime。予約済みのイベントまたはサービス(たとえば、FoodEstablishmentReservation)の場合、開始予定時刻。一定の期間にわたるアクション、アクションが実行されたとき。例えばジョンは1月から12月まで本を書いた。
日付は時間とともに記述されていても、EventはstartTime / endTimeではなくstartDate / endDateを使用することに注意してください。この状況は、将来の改訂で明らかになるかもしれない。
targetエントリーポイントアクションのターゲットEntryPointを示します。
Properties from Thing
additionalTypeURL アイテムの追加タイプ。通常、マイクロデータ構文の外部ボキャブラリから特定のタイプを追加するために使用されます。 RDFa構文では、複数の型に対して 'typeof'属性のネイティブRDFa構文を使用する方が適切です。 Schema.orgのツールでは、余分な型、特に外部で定義された型の理解が弱いかもしれません。
alternateNameテキスト項目の別名。
descriptionテキストアイテムの説明。
disambiguatingDescriptionテキストdescriptionのサブプロパティ。他の同様のアイテムとの曖昧さを排除するために使用されるアイテムの短い説明。記述が曖昧さ除去に有用であるためには、他のプロパティ(特に名前)からの情報が必要な場合があります。
image
画像オブジェクトまたはURL
アイテムのイメージ。これは、URLまたは完全に記述されたImageObjectにすることができます。
mainEntityOfPage
クリエイティブワークまたはURL 
このことが記述されている主要なエンティティであるページ(または他のCreativeWork)を示します。詳細はバックグラウンドノートを参照してください。
逆プロパティ:mainEntity。
nameテキストアイテムの名前。
potentialActionアクションこのオブジェクトが「オブジェクト」の役割を果たす理想的なアクションを表す、潜在的なアクションを示します。
sameAsURL アイテムの識別情報を明白に示す参照WebページのURL。例えば。アイテムのWikipediaページのURL、Freebaseページ、または公式サイト。
urlURL アイテムのURL。