ListItem

PropertyExpected TypeDescription
Properties from ListItem
item事 リスト内のエントリまたはデータフィードによって表されるエンティティ(「アーティスト」のリストで例えば「アーティスト」)」。
nextItemリストアイテム 現在の1を次のリストアイテムへのリンク。
position整数   またはテキスト一連のアイテムまたはシーケンス内の項目の位置。
previousItemリストアイテム 現在の1をpreceedsのListItemへのリンク。
Properties from Thing
additionalTypeURL 項目の追加タイプは、一般的にミクロ構文で外部の語彙からより具体的な型を追加するために使用されます。これは何かと実物がであるクラス間の関係であるRDFaの構文では、ネイティブRDFaの構文を使用した方が良いです - 。「typeof演算 '属性 - 複数のタイプのために。Schema.orgツールは、外部で定義されたもの、特に、余分な種類の唯一の弱い理解していることがあります。
alternateNameテキスト アイテムの別名。
descriptionテキスト 項目の説明。
disambiguatingDescriptionテキスト 説明のサブプロパティ。項目の簡単な説明は、他の同様の項目から明確にするために使用しました。説明の明確化のために有用であるために他の特性(特に、名前)からの情報が必要であり得ます。
image画像オブジェクト  またはURLアイテムの画像。これは、することができますURLまたは完全に記載ImageObject。
mainEntityOfPageクリエイティブワーク  またはURLこのことは記述されている主なエンティティであるページ(または他のCreativeWork)を示します。参照してください背景ノート詳細については、を。逆プロパティ:mainEntity。
nameテキスト アイテムの名前。
potentialActionアクション このことは、「オブジェクトの役割を果たしていることになるで理想化されたアクションを説明潜在的なアクションを、示しています。
sameAsURL 明確アイテムのIDを示す参照WebページのURL。例えばアイテムのWikipediaのページ、Freebaseのページ、または公式ウェブサイトのURL。
urlURL アイテムのURL。

ListItemのインスタンスは、次のプロパティの値として表示されることがあります

PropertyOn TypesDescription
itemListElementアイテムリスト itemListElement値では、単純な文字列(例えば、 "ピーター"、 "ポール"、 "メアリー")、既存のエンティティを使用するか、またはリストアイテムを使用することができます。リスト内の要素は、プレーンな文字列である場合は、テキスト値は最高です。既存のエンティティは、データ内の既存の物事の単純な、順不同リストのために最適です。あなたはそのリスト内の要素またはときに、同じ項目が異なるリスト内の異なる場所にある可能性がありますについての追加のコンテキストを提供する場合のListItemは、順序付けられたリストを使用されています。注:マークアップの要素の順序は、順序または要素を示すために十分ではありません。このような場合の「位置」プロパティでのListItem使用してください。
nextItemリストアイテム 現在の1を次のリストアイテムへのリンク。
previousItemリストアイテム 現在の1をpreceedsのListItemへのリンク。