Order

PropertyExpected TypeDescription
Properties from Order
acceptedOffer提供 オファー(複数可) - 例えば、製品、数量と価格の組み合わせ - の順序で含まれています。
billingAddress
郵便住所
注文の請求先住所。
broker組織   または個人買い手と売り手の間の交換を手配エンティティ。ほとんどの場合、ブローカーは交換に関わる製品やサービスの所有権を取得していないかのリリースでした。それは、企業がブローカー、売り手、または買い手であるかどうかは明らかではない場合は、後者の2つの用語は好ましいです。優先しbookingAgentは。
confirmationNumberテキスト 与えられた順序または支払いを確認番号が受信されています。
customer組織   または個人党は注文または請求書を支払います。
discount番号   またはテキストどれ割引(注文に)適用されます。
discountCodeテキスト コードは割引を償還するために使用されます。
discountCurrencyテキスト 割引の通貨(3文字のISO 4217形式)。
isGiftブーリアン 買い手以外の人への贈り物として受け入れオファーがありました。
orderDate日付時刻 日付順に配置しました。
orderDelivery
宅配便
この順序またはオーダー・アイテムに関連した小包の配達。
orderNumberテキスト トランザクションの識別子。
orderStatus発送状況 注文の現在の状態。
orderedItem
オーダーアイテム   または製品
アイテムが注文しました。
partOfInvoice請求書 順序は、参照請求書の一部として注目されています。
paymentDueDate日付時刻 支払いが期日。優先しpaymentDueは。
paymentMethod支払方法 クレジットカードまたは注文のお支払いの他のメソッドの名前。
paymentMethodIdテキスト 使用する支払方法のための識別子(クレジットカードの例えば最後の4桁の数字)。
paymentUrlURL 支払いを送信するためのURL。
seller組織   または個人申し出エンティティのサービス/商品(/リースを販売するには、/ /ローンを貸します)。売り手も提供することができます。取って代わる商人、ベンダーに。
Properties from Thing
additionalTypeURL 項目の追加タイプは、一般的にミクロ構文で外部の語彙からより具体的な型を追加するために使用されます。これは何かと実物がであるクラス間の関係であるRDFaの構文では、ネイティブRDFaの構文を使用した方が良いです - 。「typeof演算 '属性 - 複数のタイプのために。Schema.orgツールは、外部で定義されたもの、特に、余分な種類の唯一の弱い理解していることがあります。
alternateNameテキスト アイテムの別名。
descriptionテキスト 項目の説明。
disambiguatingDescriptionテキスト 説明のサブプロパティ。項目の簡単な説明は、他の同様の項目から明確にするために使用しました。説明の明確化のために有用であるために他の特性(特に、名前)からの情報が必要であり得ます。
image画像オブジェクト   またはURLアイテムの画像。これは、することができますURLまたは完全に記載ImageObject。
mainEntityOfPageクリエイティブワーク またはURLこのことは記述されている主なエンティティであるページ(または他のCreativeWork)を示します。参照してください背景ノート詳細については、を。逆プロパティ:mainEntity。
nameテキスト アイテムの名前。
potentialActionアクション このことは、「オブジェクトの役割を果たしていることになるで理想化されたアクションを説明潜在的なアクションを、示しています。
sameAsURL 明確アイテムのIDを示す参照WebページのURL。例えばアイテムのWikipediaのページ、Freebaseのページ、または公式ウェブサイトのURL。
urlURL アイテムのURL。

Order of Instanceは次のプロパティの値として表示されることがあります

PropertyOn TypesDescription
partOfOrder
宅配便
この配信の項目に含めた全体的な順序。
referencesOrder請求書 この請求書に関連する注文(複数可)。一つ以上の注文は、単一の請求書の中に組み合わせることができます。