PropertyValueSpecification

PropertyExpected TypeDescription
Properties from PropertyValueSpecification
defaultValueテキスト   またはシング入力のデフォルト値。リテラル期待プロパティの場合、デフォルトでは、オブジェクトを期待する特性のために、それは現在の値のいずれかにID参照だ、リテラル値です。
maxValue数 いくつかの特性またはプロパティの上限値。
minValue数 いくつかの特性またはプロパティの低い値。
multipleValuesブーリアン 複数の値は、プロパティに許可されているかどうか。デフォルトはfalseです。
readonlyValueブーリアン かどうかは、プロパティが変更可能です。デフォルトはfalseです。また、値を持つプロパティのためにこれを指定すると、それはHTMLフォームで「隠し」入力に似て行動することができます。
stepValue数 stepValue属性はPropertyValueSpecificationの値の期待(および必要)されている細かさを示しています。
valueMaxLength数 リテラル値の文字数のための許容範囲を指定します。
valueMinLength数 リテラル値の文字数の最小許容範囲を指定します。
valueNameテキスト 名前@ HTMLの入力と同様にURLテンプレートやフォームのエンコードに使用するPropertyValueSpecificationの名前を示します。
valuePatternテキスト HTMLの仕様に応じてリテラル値をテストするための正規表現を指定します。
valueRequiredブーリアン プロパティがアクションを完了するために記入しなければならないかどうか。デフォルトはfalseです。
Properties from Thing
additionalTypeURL 項目の追加タイプは、一般的にミクロ構文で外部の語彙からより具体的な型を追加するために使用されます。これは何かと実物がであるクラス間の関係であるRDFaの構文では、ネイティブRDFaの構文を使用した方が良いです - 。「typeof演算 '属性 - 複数のタイプのために。Schema.orgツールは、外部で定義されたもの、特に、余分な種類の唯一の弱い理解していることがあります。
alternateNameテキスト アイテムの別名。
descriptionテキスト 項目の説明。
disambiguatingDescriptionテキスト 説明のサブプロパティ。項目の簡単な説明は、他の同様の項目から明確にするために使用しました。説明の明確化のために有用であるために他の特性(特に、名前)からの情報が必要であり得ます。
image画像オブジェクト またはURLアイテムの画像。これは、することができますURLまたは完全に記載ImageObject。
mainEntityOfPageクリエイティブワーク  またはURLこのことは記述されている主なエンティティであるページ(または他のCreativeWork)を示します。参照してください背景ノート詳細については、を。逆プロパティ:mainEntity。
nameテキスト アイテムの名前。
potentialActionアクション このことは、「オブジェクトの役割を果たしていることになるで理想化されたアクションを説明潜在的なアクションを、示しています。
sameAsURL 明確アイテムのIDを示す参照WebページのURL。例えばアイテムのWikipediaのページ、Freebaseのページ、または公式ウェブサイトのURL。
urlURL アイテムのURL。